HP Stream 11-r000をレビュー 3万円を切る11.6インチの青いモバイルノート

HP Stream 11-r000は、HPが販売する11.6インチのモバイルノート。
ストレージを32GBに抑える事で、何と3万円を切る価格を実現するという低価格な製品です。

最近は格安と言われる製品が増えましたので、特別珍しい内容のモデルではありませんが、その格安製品の中でもコスパは高いです。

コンパクトでデザインも洗練されていますので、そういった点を気に入って購入される方もいるのではと思います。







HP Stream 11-r000の背面全体の様子。
前のモデルと変わらないように思えますが、実は所々に変化が見られます。

例えば背面のロゴ。
前はシルバーの鏡面仕上げでしたが、今回の新モデルはブルーベースに変わったのだとか。

写真ではわかりにくいですが、確かに鏡面部分がうっすらとブルーがかっています。



パームレストやキーボード周りのデザインも、ブルーのグラデーションから、木目調に変わりました。

私は元々グラデーションデザインが好きなので、キーボード面のデザインに関しては前の方が好みですが、木目調もあっさりとしたタッチで悪くないです。




左右のインターフェースはUSB3.0×1、USB2.0×1、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート、HDMI、MicroSDカードスロットという内容。

ノートPCとしては端子は少ないですが、同じような構成を持つタブレットなどに比べると充実しており、使い勝手はそこそこ良さそうです。



キーボード面の様子。
写真は英語配列ですが、実際の製品には日本語配列のキーボードが搭載されます。

別段変わった所のないキーボードです。
ボタンのサイズやストロークの深さなど、好き嫌いはあると思いますが、日常作業用のマシンとしては悪くない使い勝手だと思います。



本製品の構成はWindows 10 Home、Celeron N2840、2GBメモリ、32GB eMMC、IEEE802.11 a/b/g/n/acと価格相応の内容ですが、Microsoft OneDrive? 100GBが2年分付属しますので、クラウドを利用される方にとってはコスパは高いと言えるでしょう。

一番の魅力は安さだと思いますが、それを省いてもデザインやコンパクトな所、バッテリの持ちが良い所など、普段使うノートPCとしては決して悪くない製品です。

タブレットだともう少し安いモデルなどもあったりしますが、モバイルキーボードをプラスするとそこそこの値段になる事、また使い勝手の面でも差が出ますので、入力デバイスが必要だという方は、こういったノートPCを選ぶのが結局間違いがないと言えるでしょう。

これは中々コスパが高く、簡単な用途用のモバイルノートをお探しの方にはおすすめです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

PCクーポン情報
レノボの限定割引クーポン
レノボの製品が割引価格で買える、お得なクーポンを公開。 クーポン利用で製品が大幅に安くなるため、必ずチェックしましょう。


Copyright © 2009 - DESIGN.PC. All Rights Reserved.