HP Stream 14-z000 実機レビュー OneDrive 100GB付きの14型格安ノート

HP Stream 14-z000は、HPが販売する14型のモバイルノート。

一見普通のノートに見えますが、ストレージが32GB eMMCとまるでタブレットのような構成を持つノートPCで、容量が少ない代わりにMicrosoftのOneDrive 100GBの利用権が2年間分付属します。

32GB・・というと賛否両論分かれると思うのですが、タブレットでも最近は32GBの容量で価格を抑えたものが多く出ており、全く使えないかと言うとそんな事はありません。

アプリを沢山インストールしたいという人には不向きですが、逆に、単にウェブを閲覧したり、ちょっとしたファイル操作を行ったりといった簡単な使い方には、この位の構成で十分ではないのかと思ったりもします。

OneDrive 100GBが2年利用できるので、ファイルの保存に困る事はないでしょう。







14型で1.6kgと軽めの筐体

HP Stream 14-z000シリーズは、天面と底面にナチュラルシルバーとモダンシルバーのカバーを組み合わせたシンプルな筺体デザインを採用しています。

MacBook Air風と言ってしまうとあれですが、全面シルバーの綺麗目な外観の筐体です。

安いノートは底面がブラックのプラスチック製だったりと、なんとなく垢抜けないイメージのデザインである事が多いですが、この製品は安モデルでありつつもそれなりに洗練された見た目であるため、安っぽいのが嫌いという方にも受け入れられやすいのではと思います。

14型ですが1.6kg(実測では1610g)と軽めである所も魅力。

1.6kgのノートを持ち歩くのは辛いですが、屋内でノートを持ってウロウロする人も少なくはないでしょうから、そういった人には扱いやすい便利な製品だと言えるでしょう。




天板も底面もシルバーという統一感のあるデザイン


正面から見たHP Stream 14-z000


左側のインターフェースはHDMI、USB3.0、オーディオ端子、microSDカードスロット


右側のインターフェースはUSB2.0×2、電源コネクター

microSDがついているあたり、やはりタブレットのようだと思ってしまいます。
LANはありませんが、USB端子が3基あるのでそこそこ便利に使えるのではないでしょうか。




キーボードもタッチパッドもHPならではという感じの使い心地 良いという程ではないけど悪くはないです

キーボード右端にHomeなどのキーが配置されてしまっている所がちょっと残念。
慣れればそれ程使い難い事もないのですが、Enterを押そうとして間違えてPgupなど押してしまうとイラっとします。




液晶の視野角は狭いです

液晶は安いノートなりという感じのもので、正直綺麗ではないです。
青っぽく、また全体的に色味が薄い感じのする液晶です。

とはいっても、HP Stream 14-z000は写真の補正を行うようなノートではなく、ちょっとしたときに利用するサブノートという位置づけの製品なので、特に問題はないかなと思います。

液晶の質って本当に価格相応なので、出来るだけ安く・・と思っている人には、逆にこれくらいで良いのかもしれません。

※タブレットの液晶は比較的綺麗に見えるものが多いですが、あれば綺麗にみえるように調整を行っているだけで、質はあまりよくないものが多いです。・・というとあまり良くない印象ですが、液晶の質を上げて価格が上昇するより、タブレットは安い方が良いという人の方が多いでしょうから、それで良いのだと思います。





AMD APUを搭載

次に構成と性能について。

HP Stream 14-z000の主な構成はWindows 8.1(64bit)、14型ワイドHD(1366×768)光沢ディスプレイ、AMD A4 Micro-6400T APU、2GBメモリ、32GB eMMCという構成で、これにOneDrive 100GB の2年利用権が付属します。

AMD A4 Micro-6400T APUにピンとこない方もおられるかもしれませんが、要はAMD APUの下位モデルで、一応Radeon R3 グラフィックスというGPUを内蔵してはいるものの、正直性能はあまり高くはないです。

といっても3~4万のノートなので、相応の内容ではないかと思います。
Celeronとか、AtomのようなCPUを搭載するノートやタブレットの使い勝手を想像すればよいです。

軽い作業なら比較的サクサクと行えます。




デバイスマネージャの内容


Cドライブの空き容量

ストレージとして搭載されている32GB全てをユーザーが使えるわけではないので、使い勝手がどんなものなのかよくわからないという人もいるかもしれません。

この製品に限っては、初期状態では約18GBをユーザーが使えるようになっているようで、全く余裕がないかというとそうでもなさそうです。

余計なアプリをアンインストールすれば、もう少し容量が増えると思いますが、気を付けなくてはならないのは、今後Windowsのアップデートによってシステムファイルの容量が増えていくという部分。

長く使えば使う程、容量を圧迫していくと思われますので、容量ギリギリまで使ってしまうのではなく、残容量には余裕を見ておいた方が良いです。

そんなわけで、アプリのインストールは最低限にした方が良さそうですが、作成したファイルはクラウド(OneDrive)に保存できますので、ファイル作成や編集等の作業で困ることはないかなと思います。

日ごろからクラウドを利用する癖をつけておけば、使うPCを変えた時や、他のデバイスとのファイルのやり取りなどが非常に楽になるので、これまで全くオンラインストレージなどを使った事がないという方も、是非利用してみて欲しいです。




eMMCの速度は結構速い 一般的なSSDよりもちょっと遅い位のスピード


安ノートやタブレットではFireStrikeのテストが動かない事が多いですが、AMD APUだからか動きました


グラフィック性能は高くはないけれど、今回の製品で困る事はないと思います。


製品に付属していたOneDriveのチケット これで100GBを2年利用できます


速効!HPパソコンナビ特別版が付属 初心者には結構便利な参考書です




このHP Stream 14-z000は14型サイズのノートですが、実はこの製品の後に11.6型のHP Stream 11-d000という製品がリリースされており、より小さく軽いノートが良いという方にはそちらの方がおすすめ。(約1.26kg)

真っ青なブルー筐体なのでデザインの好き嫌いがはっきり分かれるかもしれませんが、中々綺麗な印象の製品です。

価格も税込で2万円台と、HP Stream 14-z000に比べて随分と安く、正直に言うと、個人的には HP Stream 11-d000の方がお勧めだったりします。

CPUはCerelon N2840で、ストレージは32GB、OneDrive 100GBが付属・・と構成的には同じような製品なので、使い勝手はHP Stream 14-z000と殆ど変らないはずです。

あわせてチェックしてみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

PCクーポン情報
レノボの限定割引クーポン
レノボの製品が割引価格で買える、お得なクーポンを公開。 クーポン利用で製品が大幅に安くなるため、必ずチェックしましょう。


Copyright © 2009 - DESIGN.PC. All Rights Reserved.