ThinkPad X240 ファーストインプレッション 実機に触れた感想

簡単にではありますが、10月半ば~後半に登場したばかりのThinkPadの新製品 X240についてレビューします。

ThinkPad X240は、12.5インチの液晶を搭載するモバイルの主力モデル。X230の後継となる製品で、モバイルできるサイズ・重量でありながらも高性能という特徴を持ちます。

今回の記事では、そんなX240に触れて感じた第一印象や感触などについて、感想を述べてみました。





非常に薄くなった筐体

このThinkPad X240に限ったことではないのですが、2013年の新製品ではデザインが一新されています。

といっても従来と似たカラーやデザインのトップパネルを採用しているため、見た目それ程変わったようには見えないのですが、細部を見ると大きく違っているのがわかります。



背面

ヒンジの構造がかわりました。
X230ではトップパネル側から見えていたヒンジが見えなくなっています。




真正面から見た所。
このモデルは12.5インチHDのIPS液晶を搭載しています。

標準はTNパネル。その他タッチ液晶を選ぶ事もできますし、解像度は現在はHDしか選べないのですが、先でフルHDの液晶も販売されるそうです。

X230ではHD液晶しか選べなかったので、この点は大きな魅力です。

その他、本体のサイズは約305.5× 208.5×19.9~20.3mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は選択する構成によっても変化しますが、標準構成では約1.45kg。

薄型モデルであるX240sよりも若干厚みがあり、重量も重いです。といっても、X230に比べるとかなり薄くなったと思います。





左側


右側

左側面:ACコネクター、VGA端子、USB3.0ポート、mini Displayポート

右側面:ヘッドフォン出力&マイク入力のコンボポート、USB3.0ポート、SIMスロット、SDカードスロット、LANポート、セキュリティケーブル用スロット

前面:なし

背面:なし

お気づきの方もおられると思いますが、前に記事にしたX240sとインターフェースは全く同じです。

厚みや重さなど所々に違いはあるにせよ、X240sはX240の薄型モデルという位置づけのノートPCなので、似ていて当然かもしれません。

USB端子が2つしかない所は、人によっては不足を感じる場合もあるかもしれませんが、この製品の薄さであってもLANやVGAを搭載している所等、ビジネス向けのモデルだという感じがします。

なお、SIMスロットは日本の製品では使いません。あと右側のUSB3.0は、本体電源オフ時であっても周辺機器の充電を行う事ができます。





キーボードは英語版なのであまり参考にならないかもしれませんが、X230と殆ど変っていないのではと思います。

ただ、上段のFキーの所々にスペースが設けられた所や、同じくFキーのいくつかにWindows 8向けの操作キーが搭載された所などは、X230ではみられなかったものです。

その他、5ボタンのトラックパッドが採用されました。
これは既にHelixなどのモデルで採用されていたもので、2013年夏以降に出たThinkPadの新製品には全てこのトラックパッドが採用されているよう。

見た目すっきりとしましたが、私自身はあまり使いやすいとは思わず。慣れれば違ってくるのかもしれませんが・・




底面にはスロットカバーなどは一切見られませんが、底面カバー全体を外して中のパーツに触れることが可能。

あと、X240sではバッテリーの取り外しが不可でしたが、X240はバッテリーの取り外しが可能です。取り外し可能な外部のバッテリーと内蔵のバッテリー2つを搭載しており、バッテリーの駆動時間はかなり長いのではと思われます。

※X240ではバッテリーの持続時間は未計測ですが、X240sが10時間を超えるバッテリー駆動時間を実現(実測で)していた所をみると、同じ構成では同じくらいのバッテリー持続時間を実現可能なのではないかと思います。




細かい所ですが、X230とはゴム足の形が異なっています。

何でも、新しい足には空気を通す細い空洞が設けられているそうです。
ゴムのみだと寒冷地や気温が下がった場合などに硬くなってしまい、衝撃を吸収する能力が落ちてしまうそうで、その欠点を解消するために今回のゴム足が採用されました。



X240の性能は

X240の構成と性能面について簡単に触れておきます。

記事に掲載のモデルはCPUに低電圧版のCore i5-4200U、メモリ4GB、128GBのSSDを搭載する下位モデル。ストレージは基本の構成ではHDDですが、カスタマイズでSSDにアップグレードされています。

上位モデルではCore i7を選択する事も可能。またカスタマイズではマイクロHDDと呼ばれるキャッシュ用のSSD等も選択できるなど、構成はそこそこ幅広いです。

低電圧版のCPUなので、標準電圧のCPUよりも若干パワーは劣りますが、ビジネス利用には十分なパフォーマンスを発揮できる構成です。

なお、以下は英語版モデルの性能なので、販売製品と異なるところがあるかもしれません。ご了承ください。


エクスぺリエンスインデックス

■プロセッサ 6.9
■メモリ 5.9
■グラフィックス 4.6
■ゲーム用グラフィックス 6.4
■プライマリ ハードディスク 7.9





CrystalMark 2004R3

想定内の性能です。
低電圧版のCPUが搭載されているせいか、グラフィック性能がやや低い感じがしますが、ストレージなどの速度も出ており、パフォーマンスはとても良いです。

やや負荷高めの作業を多くされる場合は、上位のCore i7を搭載したモデルを選べばよいと思います。




簡易的なものとなりましたが、X240については以上となります。
最後にX240sとの違いを簡潔にまとめると・・

・最初のカスタマイズで内蔵バッテリーの有無を選択できる
・外部バッテリーの取り外しが可
・筺体が2mm程厚い
・重量が0.1~0.2kg程重い

等が主なものです。
軽い方が良い、という場合はX240sが良いでしょう。

薄さに関しては、新モデルはX230に比べると大幅に薄型化されているため、X240もX240sもあまり変わらないという感覚。ただ、個人的にはバッテリーの取り外しができるX240の方が魅力です。

ちなみに余談ですが 2013年11月5日現在、旧モデルよりも新モデルに発行されているクーポンの方が割引率が高いよう。

普通、新モデルよりも旧モデルの方が安い事が多いです。
ですのでなぜそんな事になっているのかはよくわかりませんが、購入を検討されている方は高割引率のクーポンが発行されているうちに購入されるのがお得。要チェックです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

PCクーポン情報
レノボの限定割引クーポン
レノボの製品が割引価格で買える、お得なクーポンを公開。 クーポン利用で製品が大幅に安くなるため、必ずチェックしましょう。


Copyright © 2009 - DESIGN.PC. All Rights Reserved.