ThinkPad X230のレビュー(Windows 8版)

Windows 8を搭載したThinkPad X230を使ってみました。

マシンの外観や端子類の内容に関しては、以前掲載したX230のレビューに掲載している為、基本的な事は簡単に述べる事にし、主にWindows 8になって変わった事や使用感などについて触れたいと思います。





外観を簡単に解説

とりあえず、簡単にですが外観について説明します。

X230には12.5型ワイドHDの液晶が搭載されています。
非光沢パネルで、タッチ機能などはなし。私の使用しているX230はIPSパネルですが、掲載モデルはTNパネルです。

なお、X230の液晶の解像度はHDのみ・・という事でがっかりされた方も多いかと思うのですが、12.5型で1366×768ドットの解像度はそれ程低いわけではなく、使い心地は悪くありません。(もちろん高解像度な方が個人的には好みなのですが、どうせマルチパネルで利用するので)




左右のインターフェースをまとめると、USB3.0ポート×2、USB2.0ポート、VGAポート、mini DisplayPort、無線LANスイッチ、LANポート、マイクとヘッドフォンのコンボジャックという内容。

ACコネクタは背面にあります。




キーボードは6段の配列で、アイソレーションタイプ。
タッチパッドはボタンのないタイプで、トラックポイントが搭載されています。

X230からキーボードが変わり、最初は慣れないという部分で多少不満もあったものの、現在はとても使いやすいキーボードだと感じています。



という具合に、外観は現在主流のThinkPadという感じです。

最近出た製品(Twistとか)では、キーの機能がWindows 8仕様となっているものもあるのですが、基本的なキーボードの配列や形状は同じ。

もう少し軽かったらいう事なしですが、キーボードがとても使いやすいので、仕事には欠かせないです。




Win 8搭載のX230の性能は?

次に性能面について。

掲載のX230は、Windows 8、Core i5-3320M、4GBメモリ、320GB HDD(5400rpm)という構成で、X230ではほぼ最小構成に近い内容のマシンです。(i3搭載もありますが、そちらはX230iとなるので)

今回は性能云々ではなく、Windows 8の使い勝手はどうか?という所に主眼を置いているため、外観同様簡単に触れます。




エクスぺリエンスインデックス

■プロセッサ 7.2
■メモリ 5.9
■グラフィックス 4.8
■ゲーム用グラフィックス 6.3
■プライマリ ハードディスク 5.3





CrystalDiskMark






FF 14(上がHIGH、下がLOW)

カスタマイズをほとんどかけていない内容ですが、性能は悪くないです。
HDDの速度が一昔前のHDDという感じのスコアで、ちょっと遅いでしょうか。

X230は換装しやすい構造なので、最小で購入して自己カスタマイズ・・もよいと思います。




ただし、液晶は標準のままだとあまり質の良いものではないです。

上は左がIPS液晶を搭載したX230、右が今回のモデルの液晶です。

右側は画面の輝度を下げているわけではなく、視野角が狭いためにこのような見え方になっています。一方で左は視野角が広いため、横からみても明るいです。

覗き見されにくいから視野角は狭い方が良い、というのであれば標準の液晶の方が良いのかもしれませんが、液晶が綺麗だと作業も快適に(気分よく)行えるような気がするので、私個人としてはIPS液晶をおすすめします。

カスタマイズ料金も約1万円程と安いです。




Win 8を搭載したX230の使い心地

X230はタッチパネルを搭載しないモデルなので、正直、Windows 8を搭載して使いやすくなったという事はないです。これはX230だけに言える事ではなく、タッチパネルを搭載しない製品でWin 8を使う意味があまり理解できません。

ですが、Windows 7よりもWindows 8の方が軽いため、同じ構成であれば多少動作が軽くなりました。起動時間等を測定したわけではないのですが、明らかに速くなっているように感じます。

容量の面でも、Windows 7よりも8の方がサイズが小さいというメリットがあると思います。


あと、リカバリーなどの工程が統一されたという点は、初めて使う方にはわかりやすくなったのではないでしょうか。

私などは、使い慣れたレノボ独自のツールを使い、リカバリやバックアップなどを行う方がわかりやすいのですが、他のPCを使ったときに、同じやり方でリカバリ等を行えるというのは結構楽。(操作に迷ったり、間違える事がないので)

そういう点では、Windows 8も悪くないと思います。



ちなみに、Windows 8を搭載したThinkPadでは、以下のようなツールが用意されています。

これは、Lenovo QuickLaunchという、Windows 8以前のOSで存在していたスタートボタンの機能を追加するツールです。

見た目はLenovo仕様ですが、メニューの配置や機能などは、スタートボタンのメニューそのもの。ここからプログラムを起動したり、主要なフォルダを開いたり、シャットダウンといった操作を行う事ができます。

実際、これがあるだけで、Windows 8の操作性が大きく変わります。(多少のカスタマイズは要りますが)
Windows 8では、以前あったレノボ独自のアプリが搭載されないなど色々残念なところもあるのですが、一応、使いやすいような工夫もなされているようです。


なお、このツールはWindows 8を搭載したThinkPadであれば、以前のモデルでも使えるようです。

X61sにWindows 8を搭載し、このツールを入れてみましたが、問題なく動いています。ですが不具合が起こらないとは限りませんので、やってみようという方は自己責任でお願いいたします。



レビューは以上です。

レノボの直販では、今のところはまだ X230でもオプションでWindows 7を選択する事ができますので、これから購入しようという方は、使いやすいと思う方を選択されるとよいかと思います。

私自身は仕事で利用しているため、メイン機は使い慣れたWindows 7で(サブ機にWindows 8)、Windows 8をメインに利用するのはもう少し先にする予定。多分、買い替えの時までWindows 7を使い続けるのではと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

PCクーポン情報
レノボの限定割引クーポン
レノボの製品が割引価格で買える、お得なクーポンを公開。 クーポン利用で製品が大幅に安くなるため、必ずチェックしましょう。


Copyright © 2009 - DESIGN.PC. All Rights Reserved.