NEXTGEAR-NOTE i300 レビュー1 実機写真ギャラリー&タッチパッドについて

マウスの11.6インチゲームノート、NEXTGEAR-NOTE i300の実機レビューです。

このNEXTGEAR-NOTE i300は、4月の終わりにG-tuneの新シリーズとして追加されたモバイル向けのゲームノート。

この製品については過去にも何度か記事をあげていますが、今回より実機を用い、より詳細な製品の特徴や性能、使用感などをレビューしていきたいと思います。

まずは実機の外観写真を簡単に掲載してみました。外観の解説等については過去の記事に詳しく掲載していますので、そちらをご覧いただければと思います。

NEXTGEAR-NOTE i300シリーズの製品情報icon





トップパネルのカラーはダークブラウン。
ほぼ黒に近い色味です。

エンボス加工により細かい模様が全体に施されているのがデザインの特徴。




液晶は光沢。
1,366×768ドットと解像度が高めで個人的には使い易い。




ディスプレイは余り奥にまで倒す事ができないため、膝の上で使う場合等に使いにくいと思う事があるかもしれません。

が、負荷をかけると筐体が結構熱を持ちやすいみたいなので、膝の上において操作・・は余り快適ではないかもしれないと思います。




NEXTGEAR-NOTE i300のマシン左側の様子。
みての通りなので、細かい解説はかきません。(以前載せた記事にも書いたので)




こちらは右側面。




前面。
カードリーダーを備えています。




背面はバッテリーだけ。




キーボードはアイソレーション型。
配列に変わった所は見受けられません。




カーソルキーのサイズが非常に小さい為、慣れるまではやや使いにくさを感じました。
といってもすぐに慣れましたが・・




タッチパッド。

NEXTGEAR-NOTE i300のタッチパッドは、過去に開催された展示会やイベント等でも触れた事があり、その時には結構使いやすいタッチパッドだと思ったのですが、今回改めて使用してみてやや操作し辛い場面があると感じました。

このタッチパッドは、パッドの表面にトップパネルと同じエンボス加工が施されています。

最初に見たときにも、デザイン的に指のすべりが悪いのではないかと一瞬思ったのですが、触れてみてそれ程使いにくいとは感じなかった為、特に気を止めていませんでした。

ですが改めて使用してみて、指の状態によってはとても使い難いと感じる時があり・・

指先が乾燥した状態だとスムーズに操作が出来るのですが、湿度の高めな場所での利用であったり、指先が汗などで湿った状態だと、指がパッドに引っ掛かってスムーズな操作ができません。

致命的な程使えない・・という事はないのですが、長時間パッドを使用される方だとちょっと苦痛かもしれないです。指紋がつきにくくて良いデザインだと思ったのですが、個人的にはデザインよりも操作性の方が重要だと思う方なので、ここは欠点だと思います。

ボタンが分離タイプで使いやすいのがまだ救いですが、可能であればマウスを利用したほうが良いかもしれません。




底面に設置されたパネルカバーは、ドライバーなどを一切使わずに開く事ができます。

上にも書いてあるように、バッテリーのロックを開きながらパネルカバーをずらすようにすると簡単に開きます。といっても、実際にやってみなくてはよくわからないと思いますが・・




マシンの内部。
HDDベイ、メモリ、CPU、無線LAN等等・・

マウスコンピューターの製品は大抵自己メンテナンスがしやすいように設計されている為、後からHDDの換装やメモリなどを追加したいと思った場合でも、比較的簡単に行う事ができます。



今回は以上です。
引き続き、マシンの性能などについても詳しくみていきます。

掲載モデルはNEXTGEAR-NOTE i300の中ではスペック高めの構成なので価格もやや高めですが、内容を考えるとかなり安いと感じています。次のNEXTGEAR-NOTE i300の記事では、そのようなマシンの内容について色々検証してみたいと思います。


NEXTGEAR-NOTE i300シリーズの製品情報icon

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

PCクーポン情報
レノボの限定割引クーポン
レノボの製品が割引価格で買える、お得なクーポンを公開。 クーポン利用で製品が大幅に安くなるため、必ずチェックしましょう。


Copyright © 2009 - DESIGN.PC. All Rights Reserved.