dynabook R631の簡易レビュー 人気のultrabookに触れてみる

ultrabookは数多く様々な種類のマシンが各メーカーから出ていますが、仕様や見た目が似たり寄ったりものも多いです。

そんな中、コストパフォーマンスの高さで人気の高い東芝のultrabook「dynabook R631」に触れる機会があったので、簡単に感触等をレビューしてみたいと思います。

製品はこちら→ dynabook R631 の最安値





dynabook R631 筺体チェック

ultrabookは比較的価格の高いものが多く、ですがその割りに操作性に難のあるものも多いのが事実。

筺体が薄型であるという特性上、仕方のない部分もありますが、中にはこのdynabook R631のように悪くないものもあります。dynabook R631の筺体は最厚部でも約15.9mmと言う薄さでありながら、操作性を犠牲にしていないという部分がすごいです。

なお、過去にも掲載したレノボのIdeaPad U300sもultrabookの中では操作性は悪くないと思うのですが、U300sは製品価格がネックです。

このdynabook R631は価格や操作性、性能等を全て総合した上で、コストパフォーマンスが高いという事で人気があります。




天板は、アルミにヘアライン加工を施した金属質なデザイン。

これはよくあるデザインなので取り立てていう事もないのですが、個人的には指紋が目立ち難いので扱いやすいと思います。




液晶は、13.3インチワイドHD(1,366×768)の非光沢液晶。

ultrabookでは標準ともいえるような、液晶の解像度の低さはどうにかして欲しいです。(一部、やや高解像度な液晶を持つモデルはありますが、殆どがこの解像度です。)





以下、インターフェースの内容です。
写真は非常に見づらいものもありますが、ご容赦下さい。




前面

左側面:マイク入力端子、ヘッドフォン出力端子、SDカードスロット

右側面:USB3.0ポート×1、セキュリティロックスロット

前面:各種のインジケーターランプ

背面:LANポート、USB2.0ポート×2、HDMI、電源コネクター、RGBコネクター

背面の写真のみ無いのですが、上記のようなインターフェースの内容となります。
このモデルは最厚部でも約15.9mmの薄さを実現していると述べましたが、この薄さでこのインターフェースの充実度は優秀です。

この位薄いとLANポートも搭載できるか怪しいものですが、このdynabook R631では背面に縦幅の必要なインターフェースを持ってくることで、搭載を可能にしました。

背面だからやや使い難い感はありますが、無いよりはあった方が便利なものなので、その辺は妥協しても良いと思います。




筺体は液晶も本体側もとても薄いですが、天板の100kgf全面加圧試験や76cm落下試験はクリアしているとの事。

筺体サイズは 幅約316.0×奥行227.0×高さ8.3~15.9mmで、重量は約1.12kg。13.3インチの液晶を搭載して重量が約1.12kgというのは、結構軽いと思います。

ちなみにこのモデル、片手でも液晶を開きやすいようにヒンジ部分が最適化されている為、液晶を開く際にマシンが持ち上がらないよう本体を抑える必要がありません。

液晶の開閉の際、本体が持ち上がってしまうのはとても些細な事ですが、結構鬱陶しいです。その部分が最適化されているというのは便利だと思います。




dynabook R631のキーボード。
スペースキーの下部の小さなボタンは、タッチパッドのオンオフボタンです。

薄型のモデルなので、アイソレーションタイプのキーボードを採用しており、キーボードバックライトを搭載。

ultrabookにはキーボードの操作性が余り良くないモデルが多いのですが、dynabook R631のキーボードは特に良くも無く悪くも無くといった使い心地。配列にも特に変わった所は無いので、使いにくさを感じる事はないと思います。




キートップは完全に平らな形状。
キーストロークは短めですが、使いにくいほどではないです。




タッチパッドは分離型を搭載。ボタンとパッドが一体になった一体型タッチパッドを採用するモデルが多い中、このタッチパッドの搭載は大きな長所だと思います。

難を1つだけあげると、ボタン部分に指紋が付きやすく、かつ目立ちやすいという点。ここは筺体の他の部分と同じ素材か、もう少し指紋が目立たないような素材にして欲しかったと思います。

ボタンの中央には指紋センサーを標準で搭載しています。



dynabook R631 性能は?

次にパフォーマンスです。

このモデルの構成を簡単に上げると、13.3インチ(1,366×768)の液晶に、Core i5-2467M(1.60GHz/TB時最大2.30GHz)、4GBメモリ、128GB SSD、HD グラフィックス 3000等を搭載。他、WiMAX等も搭載しています。

気になるバッテリー駆動時間ですが、公称値は約9時間。

メディアが公開しているバッテリー駆動時間の数値なども、9時間には及ばないものの、比較的長時間のバッテリー駆動が可能という結果がでているようですので、バッテリーの持ちに関しては問題ないと思われます。




■プロセッサ 6.3
■メモリ 5.9
■グラフィックス 5.6
■ゲーム用グラフィックス 6.3
■プライマリ ハードディスク 6.7

エクスペリエンスインデックスでは、全体的に高いスコアが出ています。

搭載のCPUは低電圧版なので、Core i5といっても標準電圧版のCore i5とはまた性能が異なるのですが、パフォーマンスは悪くは無いです。

価格の高いultrabookではCore i7を搭載したモデルも存在しますが、このモデルとのパフォーマンスに差があるかというと、体感的にはそれ程違いを感じないというのが実際の使用感。

使っていてストレスを感じる事はなく、重いPCゲームのような負荷をかけるのではない限り、大抵の作業は快適に行なえる性能だと思います。



dynabook R631 まとめ

前にも記載した記憶があるのですが、ultrabookは比較的高めなものが多いです。

高めなだけの構成を持つモデルもありますが、価格の割りに操作性や携帯性があまり良くないものも多く、ultrabookを購入するメリットはどこにあるのだろうかと考えざるを得ません。

今回掲載のdynabook R631は決して安価(最安値で10万円台位)だとは言えませんが、操作性、携帯性、性能等を全てひっくるめて考えると、現在出回っているultrabookの中ではコストパフォーマンスはかなり高い製品です。

特に、薄いけど軽くは無いultrabookが多い中で、約1.12kgの軽さを実現しているのは優秀だと感じます。

1つだけ気になった部分として、上でこのモデルは片手でも液晶を開きやすいようにヒンジ部分が最適化されている為、液晶を開く際に本体が持ち上がる事がないと書きましたが、液晶が軽い力でうごくようになっているからなのか、使っていて液晶側がややぐらつくような感じがする事がありました。

キーボードを打っていて液晶が動くような事はないので、操作に支障があるわけではありませんが、一応気になった事としてあげておきます。


まとめると、ultrabookの中では総合点がかなり高いモデルだと思います。

特に携帯して持ち歩く時間が長いという方には、このモデルの軽さは魅力が大きいのではないかと思います。


→ dynabook R631 の最安値はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

PCクーポン情報
レノボの限定割引クーポン
レノボの製品が割引価格で買える、お得なクーポンを公開。 クーポン利用で製品が大幅に安くなるため、必ずチェックしましょう。


Copyright © 2009 - DESIGN.PC. All Rights Reserved.