Aspire 5750 簡易レビュー コスパ抜群 15.6インチのCore i5搭載ノート

Acerの低価格ノート「Aspire 5750」シリーズの簡易レビューです。

この製品は2012年の1月に発売開始されたAcerのA4ノート2012年モデル。

Core i5や8GBのメモリを載せながら、最安値では4万円台の価格を実現するリーズナブルな製品で、価格の割りに内容は結構良い・・という事でとても高い人気を誇ります。

今回は、そんな Aspire 5750-F58のブラックカラーのモデルを簡単にご紹介したいと思います。

製品はこちら→ Aspire 5750-F58の最安値





Aspire 5750 外観は・・

今回掲載のAspire 5750のカラーはブラック。

どちらかというとデザインは地味で、特に惹かれる部分はありませんが、指紋の目立ちやすい光沢素材はあまり使われておらず、扱いやすいと思います。

まあ安モデルなので、重要でない部分にはコストはかけていない印象ですが、悪くはありません。


天板とロゴ

天板の中央にはacerのロゴ。




左側


前面


右側


背面

左側面:ACコネクター、LANポート、VGAポート、HDMIポート、USB3.0ポート、ヘッドフォン出力ポート、マイク入力ポート

右側面:USB2.0ポート×2、ブルーレイディスクドライブ(記録対応)

前面:メディアカードリーダー(SD、MMC、MS PRO、xD)、各種のインジケーターランプ

背面:なにもなし

非常に安価でありながら、ブルーレイディスクドライブを搭載しているところが目に付きます。

その他は、このサイズのPCであれば特に不足も無く、標準的な内容です。



Aspire 5750のキーボード。
右側にテンキーが搭載されています。

配列は普通ですが、一部のキーがやや小さめに作られているのが目に付きます。



キーが逆三角形の形状なので、打っていてキートップがぐらぐらするのではないかと思いましたが、そのような事はありませんでした。

カーソルキーと他のキーとの境がはっきりとしているのは使いやすいです。

うち心地は普通だと思いますが、キートップに指や爪が引っ掛かりやすいという部分が若干気になりました。



タッチパッドは正直使い難いです。

一応パッドとボタンの部分が分離されているので、一体型のタッチパッドよりは使いやすいのですが、クリックボタンが硬いです。(もしかすると個体差はあるかもしれません)

ただ、このモデルは15.6インチで重さは約2.6kgあります。このサイズのノートPCを持ち歩こうと考える方はそれ程多くはないと思うので、普段からマウス利用にすれば良いと思います。



Aspire 5750のキーボードの上には、ドルビーアドバンストオーディオ対応のスピーカーを搭載。

音は未確認ですが、ノートPCのスピーカーですし、価格が価格なので特に期待出来るようなものではないと思います。(期待もしないと思いますが・・)


全体としてはインターフェースや操作性などは当たり障りのない内容で、ブルーレイドライブを搭載するなど、4万円台(最安値で)のモデルだと考えると悪くないです。



Aspire 5750 パフォーマンスは

次にAspire 5750の性能面について。

今回掲載のモデルは型番AS5750-F58D/LKのブラックカラーのモデル。
他にブルーやレッドカラーのモデルもラインアップされていますが、構成はどれも固定となっているため違いはありません。

主な構成は、Windows 7 Home Premium 64bit、HM65 Expressチップセット、Core i5-2450M (2.50GHz・TB利用時最大3.10GHz)、8GBメモリ、HDグラフィックス3000、15.6インチHD(1366×768ドット)の光沢液晶、5400rpmの500GB HDDといった内容となっています。

バッテリーは6セルで駆動時間は約4.5時間。

本体のサイズは幅381mm、奥行253mm、高さが約25.2~33.2mm。
そこそこ大きめですし、重量が約2.6kgあることを考えると携帯には向かないと思います。持ち歩くにはごつごつし過ぎている印象です。

価格は元々は6万円台ですが、最安値では4万円台とかなり安いです。

標準電圧版のCore i5-2450Mを搭載しているのでパフォーマンスはかなり良いですし、8GBメモリやブルーレイディスクドライブの搭載など、内容がとても充実しています。

この価格でこの中身はとてもお得だと思います。
自分がいうまでもなく、人気はかなり高いみたいです。



■プロセッサ 7.0
■メモリ 7.4
■グラフィックス 5.9
■ゲーム用グラフィックス 5.1
■プライマリ ハードディスク 5.9

CPU内蔵のグラフィックス利用ですが、CPUの性能が結構高いので、グラフィックスの性能も比較的高め。HDD搭載なのでディスクの性能は普通ですが、全体としてのパフォーマンスはかなり良いです。

勿論、PCゲームのような処理性能を必要とするような用途には当然ながら向きませんが、簡単なものであれば多少はプレイできるのではないかと思います。

実際の操作でも普通に使っている分には動作が鈍ったりすることはなく、サクサクと快適に作業できる感じで、日常的な作業は勿論、映画などの映像を観たりするには十分過ぎる性能を持ち合わせているといえます。



Aspire 5750 まとめ

今回のAspire 5750の特長は、とにかく安い事。
量販店向けの製品(他メーカーもあわせ)の中では、トップを争う売れ筋のモデルです。

安いといっても、安かろう悪かろうでは意味がありませんが、
性能高めなCore i5-2450Mや大容量のメモリ8GB、そしてブルーレイを載せながら4万円台という価格の実現は非常に魅力的です。

デザインや携帯性、そして高額なモデルにあるような操作性は望めませんが、かといって使いにくいかというとそうでもなく、ある程度の操作性は確保しています。

その辺りが気にならず、かつ安くてそこそこ性能の良い15.6インチのノートを探している方には、非常にお勧めのモデルです。


→ Aspire 5750-F58の最安値はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

PCクーポン情報
レノボの限定割引クーポン
レノボの製品が割引価格で買える、お得なクーポンを公開。 クーポン利用で製品が大幅に安くなるため、必ずチェックしましょう。


Copyright © 2009 - DESIGN.PC. All Rights Reserved.