HPの夏ノート dv7-6100をレビュー

HPが販売するコンシューマー向けのノートPC夏モデル、「 dv7-6100 」のデザインや性能、操作性などをレビューします。

dv7-6100正面から

このモデルは17.3型の液晶を搭載するdv7の夏の新製品で、
最上級のENVY17に続く上位モデルです。

高性能であるにもかかわらずかなり抑えた価格で販売されている為、高性能なノートPCを求めるユーザーからも、コスト重視のノートPCをお探しのユーザーからも人気があります。

今回はそのような「dv7-6100」の特徴や感触などを、写真とともにご紹介したいと思います。

なお、細かい仕様などは公式サイトの情報を見たほうが早いので、そちらをご確認下さい。





dv7-6100 見た目は・・

dv7-6100

dv7-6100斜め正面から

dv7-6100のカラーはダークアンバー。
(ダークアンバーは深い琥珀色だそうです)

ディスプレイには、17.3インチワイドHD+(1,600×900)の光沢液晶が搭載されています。カスタマイズでフルHD&非光沢液晶を搭載することも可能です。



dv7-6100 左内容

dv7-6100 右内容

筐体の左側にはアナログRGB、HDMI、LAN、USB3.0×2、オーディオ入力、オーディオ出力を2ポート搭載。

そして右側にはUSB2.0×2、BDドライブ、ACコネクター、セキュリティロックケーブル用のスロットを搭載しています。

17.3インチのモデルとして、揃うものは揃っている感じの内容。オーディオ出力が2ポートあるのは、Beats Audio搭載の関係で音質に拘った作りになっているからだと思います。



dv7-6100 スピーカー等

前面にはBeats Audio対応のスピーカーを左右に、2in1メディアスロット等も搭載されています。



HPのロゴ

筐体の背面側、中心付近にはHPのロゴをプリント。
その他の端子類などは一切配置されていません。



キーボード

指紋センサー

キーボードはアイソレートタイプ。
テンキーを右側に搭載しています。

テンキー自体は4列で使いやすい配列になっているのですが、左側のエンターキーやシフトキーといった、通常のキーとの間に隙間や仕切りとなるものが設けられていない為、打ち間違いが起こりやすいです。

あと、今回のdv7には分離型のタッチパッドが搭載されています。

確か、春モデルの第2弾辺りから分離型のタッチパッドを搭載した個人向けノートPCが登場し始めました。

これまでHPは、個人向けノートPCには一体型のタッチパッドしか搭載しない事が多かったのですが、一体型タッチパッドは使いにくいものが多く・・・少なくとも、HPのノートPCに搭載された一体型タッチパッドは使い難かったです。

なので、今回のような変化は良い傾向だと思います。


その他、右側のパームレストには指紋センサーなどを搭載。



底面側の様子

底面のスピーカー

dv7-6100の底面側。

底面端に、HP Triple Bass Reflex サブウーファーを搭載。
美しい低音を提供するスピーカーです。



筐体内部の内部

筐体内部のパーツの配置はこの通り。
奥に無線LANのモジュールやメモリ、内蔵電池、そして手前側にはHDベイが2基。

dv7-6100は、カスタマイズで2ドライブ構成も可能です。



dv7-6100 性能は・・

今回、記事に掲載しているdv7-6100の主な構成です。

■ OS   Windows 7 Professional 64bit版
■ ディスプレイ   17.3型インチワイドHD+(1,600×900ドット)、光沢液晶
■ CPU   Core i7-2820QM(2.3GHz、TB時最大:3.40GHz、8MB L3キャッシュ)
■ グラフィックス   AMD Radeon HD 6770(ビデオメモリ:1GB)
■ メモリ   8GB(4GB×2、PC3-10600 DDR3 SDRAM、最大8GB、2スロット)
■ HDドライブ   160GB SSD+500GB HDD
■ オプティカルドライブ   ブルーレイディスクドライブ(記録対応)
■ ワイヤレス機能   IEEE802.11b/g/n
■ Bluetooth   Bluetooth3.0
■ バッテリー   6セル(バッテリー駆動時間 公称値約5.25時間)
■ サイズ・重さ  416×275×31.5~40.5(W×D×H/mm)、約3.07kg

今回のモデルで提供されている構成の中では、かなりハイスペックな内容のモデルです。

現時点での価格は約16万円。
CPUは最も高性能なタイプを搭載していますし、SSDとHDDの2ドライブの構成や、ブルーレイディスクドライブなど、パフォーマンスも機能もかなり充実しています。

一方で最小構成のモデルはなんと5万円台から販売されており、しかもCore i5や外部GPUを搭載するなど、悪くない内容。

高性能ノートを求めるユーザーにも、コスト重視のユーザーにも人気が高いそうで、その理由にも納得できる内容のシリーズだと思います。


次に、上に記載のdv7-6100のパフォーマンス内容です。



dv7-6100のWindowsエクスペリエンス・インデックス

■プロセッサ 7.5
■メモリ 7.6
■グラフィックス 6.9
■ゲーム用グラフィックス 6.9
■プライマリ ハードディスク 7.7

基本のスコアはグラフィックス、及びゲーム用グラフィックスの6.9という数値。

構成内容から考えると当然ですが、やはりスコアはかなり高めです。
実際の動作もかなり快適で、少々負荷の高い作業であってもサクサク行なえます。



3DMark06

3DMark06のスコアは「11815」と、3D性能もかなり高め。



BIOHAZARD

BIOHAZARDのベンチマーク結果。
平均fpsが78.7、ランクはAです。

余程負荷の高いPCゲーム等でない限り、このモデルで十分なプレイが可能です。



dv7-6100 感想など

上のように、インターフェースの内容もパフォーマンスに関しても申しぶんない内容だと思います。

今回のモデルは色々カスタマイズをしているので16万前後の価格になりますが、最小構成では5万円台と非常に安価。

16万円前後の価格でこのような構成が組めるというのもかなりお買い得だと自分は思うのですが、それ程高性能なモデルを必要とされない方であれば、さほどカスタマイズをしなくても十分満足出来るノートPCが手に入ると思います。


ちなみに個人向けノートで最上級のENVY17(ENVY17-2100)ですが、dv7よりも上位のマシンの内容とは一体どのようなものなのかと考えてしまう方もおられるかもしれません。

もちろん最上級モデルというだけあり、ENVY17はストレージに300GB SSDのオプションが提供されていたり、グラフィックスの内容もdv7より上と、よりパフォーマンスの高い構成が組めるようになっています。

ただ、ブルーレイディスクドライブは再生のみであったり(dv7では記録も可)、全てがdv7より上というわけではありませんし、英語配列のキーボードしか用意されないなど、やや癖のある内容となっています。

そういった、拘りのあるモデルが欲しいというのであればともかく、自分的には万人に使いやすいバランスの良い高性能ノートPCは、dv7-6100だと思います。

高性能のdv7といっても、安価なモデルからハイスペックなモデルまで色々用意されていますので、とにかく大画面のノートPCが欲しいという方は、一度チェックされてみてはいかがでしょうか。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

PCクーポン情報
レノボの限定割引クーポン
レノボの製品が割引価格で買える、お得なクーポンを公開。 クーポン利用で製品が大幅に安くなるため、必ずチェックしましょう。


Copyright © 2009 - DESIGN.PC. All Rights Reserved.