第2世代Core i搭載 s5750jp をレビュー HPのデスクPC春モデル

HPのs5000シリーズで、インテルの第2世代Core iプロセッサを搭載したモデル「s5750jp」のレビューです。

s5750jp

今回のHPの春モデルデスクトップでは、HPE、p6000、s5000の各カテゴリより1モデルずつ Sandy Bridge 採用マシンがラインアップされており、s5750jp はその中の一台にあたります。

スリムタイプのケースを採用している為、HPのデスクトップPC他シリーズに比べると拡張性などは劣りますが、性能に関しては申しぶんありません。

というわけでこのs5000シリーズは設置場所に余裕がない、だけどパフォーマンスは必要だという方に最適なデスクトップPCだと思います。

では実際のマシンの様子や性能はというと・・





フロントパネル下部のI/O

HPEなどの筺体とは異なり、フロント下部にインターフェースを配置。
カードリーダーやUSB2.0ポート、ヘッドフォン、ポケットメディアドライブベイなどを備えています。

上部には光学ドライブ。



s5750jpの背面のI/O

s5750jpの背面のI/O

背面の様子。




今回の HP Pavilion Desktop PC s5750jp の構成内容とパフォーマンスは・・

s5750jp の構成

OS : Windows 7 Home Premium 64bit
プロセッサ : Core i5-2400(3.1GHz)
チップセット : H67 Express
ビデオカード : HD グラフィックス(内蔵グラフィックス)
メモリ : 4GB(最大16GB)
HDD : 250GB(7,200rpm)
オプティカルドライブ : DVDスーパーマルチドライブ
サイズ : 幅 105 × 奥行き 308 × 高さ 389(mm)
重量 : 約6.9kg

s5750jpのスコア

上の構成で、基本スコアは4.7(ゲーム用グラフィックス)。

今回のモデルはグラフィックス機能として、CPU内蔵のHD グラフィックスを利用していますが、比較的高めなスコアです。

インテルの最新Core iプロセッサは、内蔵GPUの機能がかなり向上しているとあちこちでアナウンスされていますが、確かに内蔵グラフィックス利用の構成でも、パフォーマンスはそこそこ高いようです。

処理速度の必要な3Dゲーム等をするのならまだしも、簡単なPCゲームや作業であれば、内蔵グラフィックスでも十分に快適な環境を実現する事が出来ます。

となると、価格もかなり抑える事ができますので、新CPUモデルでHD グラフィックスを選択できる構成の製品は、コスト重視なユーザーにも最適といえそうです。


・・ちなみに価格重視であれば、s5000シリーズでラインアップされているもう一方のAMDプロセッサモデルも適当かもしれません。
(AMD製モデルの最小構成価格 ¥39,900~。インテル新CPUモデルの最小価格は¥55,860)

製品の詳細に興味をお持ちの方は是非、公式サイトの情報もチェックしてみて下さい。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

PCクーポン情報
レノボの限定割引クーポン
レノボの製品が割引価格で買える、お得なクーポンを公開。 クーポン利用で製品が大幅に安くなるため、必ずチェックしましょう。


Copyright © 2009 - DESIGN.PC. All Rights Reserved.