Thinkpad Edge15”をレビュー 使用感と特徴まとめ

Thinkpad Edge15”はEdgeシリーズで最も大きな15.6インチのモデル。
そのEdge15”の特徴や性能をまとめてみました。

Edge15”

今回使用したThinkpad Edge15”は、Core i3-330Mを搭載したモデルで、
Edge15”では最もパフォーマンスが低いであろうと思われる構成の製品。

パフォーマンスが低いといっても、Core iシリーズですので昔の製品ほどではないですが、
ある程度の性能が必要だという方には、余りお勧めは出来ない構成です。

ただ、15.6インチの液晶を搭載し、光学ドライブや2GBのメモリ、250GBのHDD等を載せながら、
最小構成価格は6万円台とかなり安価。

今回はそんな Edge15”の特徴と性能等のまとめです。





外観など

Edge15”の外観

Edge15”の外観

Edge15”のキーボード

15.6インチなので、結構大きいです。
Thinkpadは11.6型、12.1型、14型と3種の液晶を搭載した製品を持っているのですが、
普段使用するのが小さいモデルばかりなので、余計に大きく感じてしまうかもしれません。

インターフェースの内容は普通で、VGAにHDMI、LANやマイク・ヘッドフォンのコンボ、
USB2.0×3、またUSBとe-SATAのコンボ、カードリーダー等、15.6インチのモデルとしては多くも少なくもありません。

USB2.0の一つがPowered USBになっており、結構便利です。

自分が思うこのモデルの良いところは、液晶にノングレアタイプのパネルを使用している部分で
カスタマイズでグレアとノングレアを選択できるようになっています。

キーボードは他のEdge シリーズと同じアイソレーションキーボード、
Thinkpadならではといわれるトラックポイントを備えます。

打鍵感に関しては、アイソレーションキーボードにしては良い方。
ですが、従来のThinkpadキーボードに比べると若干キーが堅い気はします。

とは言っても、一般的なPCのキーボードでは打っているだけで疲れるようなものもあり、
Thinkpadという基準でみるからこそ厳しい意見も出ますが、問題になるほどのものではないと思います。




Edhe15”の底面

底面

底面

底面の小さなスロットにはワイヤレスWANカードを、
右側のサーマルスロットにはメモリやHDD、ファン、CPUなどを配置。

いずれも、これまでの製品と同じく非常にメンテナンス性の良い構造になっています。



構成は?

上で、このモデルはCore i3を搭載する下位のモデルだと記載しましたが、
実はこの構成のモデルは現在はもう販売されていません。

その代わりに、やや性能のアップしたCPU採用の製品が下位モデルとして販売されており、
しかも価格は据置きと、従来のモデルよりも若干お得です。

CPU-Z

CPU-Z

CPU-Z

CPU-Z

CPU-Z

CPU-Z

型番   03018MJ
OS   Windows 7 Professional 32bit
プロセッサ   Core i3-330M(2.13GHz)
メモリ   2GB、最大8GB
HDD   250GB HDD(5400rpm)
ビデオカード   HD グラフィックス
ディスプレイ   15.6型HD(1,366×768)、LEDバックライト、ノングレア
バッテリー   6セルバッテリー



性能は?

エクスペリエンス・インデックス

プロセッサ 5.4
メモリ(RAM) 5.5
グラフィックス 4.0
ゲーム用グラフィックス 5.0
HDD 5.9

基本スコアは4.0。
グラフィックスはCPU内蔵のものなのでやや低めですが、
パフォーマンスが悪いというほどのものではありません。

むしろ、一般的な作業をするだけであれば十分な性能であり、
最小構成でも満足できる内容だと思います。



モンスターハンターフロンティア 絆

スコア 616~623

こちらはモンスターハンターフロンティアの新しいバージョンのベンチマーク。

ただスコアを見るだけでは良くわからない方もおられるかもしれませんが、
3Dゲーム等に関してはかなり難しいレベルのスコアです。

といっても、この価格帯・構成のモデルでゲームをするわけがありません。
一応の性能の目安として掲載してみました。



まとめると

Thinkpad Edge15”のまとめです。

今回使用したモデルは Core i3搭載の下位モデルになりますが、
自分的に、最小構成のモデルではパフォーマンス面にやや不満を感じます。

今回掲載しているEdge 15のパフォーマンスは、
一世代前の標準的な構成のマシンに近いのではないか?と思われます。

単純な作業であれば快適に動いているのですが、やや重たい処理などを行うと動作が重くなる事があり、仕事などで触っているとストレスを感じます。

操作感に関しては全く問題がなく、
15.6型のモデルなのでもうすこし解像度が高ければ良いと思うものの、
不満を感じる程ではありません。光沢液晶も使いやすいです。

また、無線機能等に関してはWiMAXを搭載できるなど、利用者には便利だと思います。

ですので自分としては、もしも予算に余裕があるのであれば、一つ上の構成か、
Core i5を搭載した上位モデルの選択がお勧めです。

ただ、日常的な軽い作業しか行わない方や、とりあえずサブノートとして安い製品が欲しいという方には、最小構成モデルでも全く問題はないと思います。コストパフォーマンスに関しては申しぶんありません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

PCクーポン情報
レノボの限定割引クーポン
レノボの製品が割引価格で買える、お得なクーポンを公開。 クーポン利用で製品が大幅に安くなるため、必ずチェックしましょう。


Copyright © 2009 - DESIGN.PC. All Rights Reserved.