Thinkpad Edge 11”の特徴とレビュー

2010年10月に発売されたばかりのThinkpad Edge 11”

Thinkpad では2つ目となる11.6型のコンパクトモデルで、
Edgeシリーズでは4つ目のラインアップとなります。

Thinkpad Edge 11”

このEdge 11”、コンパクトな筺体にCore i3を搭載し、携帯性とパフォーマンスを両立しているのが特徴で、非常に使い勝手が良いモデルとあって、発売当初からかなり人気です。
自分も、サブノート・携帯ノートとして毎日使っています。

元々、Edge が出た当初は従来のThinkpadと外観が大きく違った事、
また構成なども他製品と比べてそれ程惹かれるような部分がなかった為、
自分の中では余り好きなシリーズではないと言う位置づけでした。

しかし段々とバージョンアップを繰り返し、ラインアップも充実するにつれ、
次第に魅力的だと思うようになり・・

今回のEdge 11”の登場はこれまでのEdgeの印象を覆すもので、
最近では手頃なモバイルPCを探している友人などにも勧めしたりしています。

で、このEdge 11”のどういった部分が良いのかと言う事ですが・・



・11.6型とコンパクトで扱いやすい
・Core i3搭載でパフォーマンスがこのサイズのモデルにしては良い
・天板が艶なしのブラック(艶有も販売しています。個人的な好みです)
・6セルバッテリーで、駆動時間が約6時間とモバイルにも十分な長さ。

他にもありますが、普段使用していて思うのは上記のような内容。
キーボードの操作性もかなり良いです。
アイソレーションキーボードが好みで無い方にはダメかもしれませんが、
アイソレーションタイプでも操作性は良い方だと思います。

特に良いのは、携帯できるサイズでありながら、Core i3を搭載していると言う部分。

Core i3は下位のプロセッサですが、
パフォーマンス面では前世代のプロセッサと比較するとかなり快適です。

かなり重い処理を行うと言うのならまだしも、
一般的なメールやネットの閲覧、動画鑑賞、文書作成などにおいては、サクサクと快適。

比較的安価ですし、自分に限らず、ユーザーの満足度はかなり高いのではないでしょうか。


唯一つ、光沢液晶しか用意されていないので、
非光沢液晶派の自分としては、そこだけが引っ掛かります。

光沢だからといってそれ程使いにくいと言うわけではないのですが、
やはり出来れば非光沢のものを選択したいです。



Edge 11” CPU

プロセッサはCore i3-380U。
ハイエンドモデルの方です。



Edge 11” メモリ

メモリは2GB。



Edge 11” グラフィックス

グラフィックスは内蔵のHD グラフィックス。
通常の作業では十分です。



Edge 11”のスコア

エクスペリエンス・インデックスのスコア。
超高性能ではないですが、そこそこのパフォーマンスが出ています。

このモデルはSSDを搭載する事も可能なので、載せればさらに性能は向上するでしょう。


Edge 11”は現在2モデルがラインアップされています。
下位のものだと5万円台、ハイエンドでも最小では6万円台です。

小型のXシリーズも良いですが、Edgeも負けないくらい製品としての質が向上しました。
とても使い勝手が良く、手頃で性能の高いモバイルPCをお探しの方にはお勧めのモデルだと思います。

製品の細かなスペックや価格などについては、
サイトに正確な情報が掲載されていますので、そちらをご参照下さい。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

PCクーポン情報
レノボの限定割引クーポン
レノボの製品が割引価格で買える、お得なクーポンを公開。 クーポン利用で製品が大幅に安くなるため、必ずチェックしましょう。


Copyright © 2009 - DESIGN.PC. All Rights Reserved.