Thinkpad X201 総まとめのページ

8月.24, 2010

様々な製品を触っているのにも関わらず、時間がなく中々記事にできない為、
各製品の特徴や性能、使用感などをまとめたページをアップしていく事にしました。

というわけで、まず最初に Thinkpad X201 の操作感や特徴などのまとめです。

X201

公式サイトの情報は → Thinkpad X201の詳細





見た目・デザインは

X201のインターフェース 左

X201のインターフェース 右

左右のインターフェースに関しては、
特に普通に使用するに当たり不便な部分はないです。

背面にはなにもなく、前面には5in1メディアカード・リーダーが搭載されています。

X201シリーズには光学ドライブが搭載されていないので、
使用する場合はウルトラベース等の周辺機器を利用しなくてはなりません。

ちなみにこのウルトラベース、
X201購入者には無料となるキャンペーンなどを行っている事が多いので、
できればそういったキャンペーンを利用して入手したいところです。



キーボード

X201 12.1型の画面

キーボードは従来からThinkpadで採用されている、
操作感の良いキーボードです。

今までのものと同じだと、ずっとThinkpadを使用してきたユーザーにとっては、
すぐにマシンになれることができて安心だと思います。

画面は、12.1型WXGA(1,280×800)の非光沢液晶を搭載しています。



性能は

CPU-Z

CPUはCore i5-540M(2.53GHz ターボブースト時で最大 3.06GHz)、
メモリは2GB、グラフィックスはCPU内蔵のHD グラフィックス。

Core i3や、Core i7も搭載可能です。

Core i7は、前はオプションの選択肢にはありませんでしたが、現在では選択可能、
またCore i3を選択した場合は、X201ではなくX201iとなります。



エクスペリエンス インデックスの値

X201のエクスペリエンス インデックスの値です。
一番低いスコア(マシンの基本スコア)は4(グラフィックス)。

X201のグラフィックスは、CPU内蔵のHD グラフィックスですが、
CPUの性能が比較的高い為、グラフィックスの性能も高くはないにせよ、そこそこのパワーがあります。

ゲームは難しいでしょうけど、普通にネット、動画の再生、
文書の作成とかオフィスの操作などでしたら、全然余裕です。

非常に快適に操作できます。



携帯性は

性能も大事ですけど、X201で同じくらい重要なのが携帯性。
大体約1.4キロ前後だという事ですが、構成によって異なるので一応測ってみました。

X201の重さ

こちらはX201の重量。
1398gとあるので、大体平均のようです。



バッテリー抜きのX201の重さ

バッテリー抜きだと1200g。

このマシンは4セルバッテリを搭載していますので、
拡張バッテリー等を搭載すると、もう少し重くなるみたいです。

光学ドライブ抜きですから、もう少し軽量だったらなあと思ったりします。



総評

X201の総まとめです。


■外観・デザイン(インターフェース)は、○

インターフェースで不足しているものがあっても、周辺機器でまかなえるようになっています。
レノボで販売されている周辺機器はものすごく数が多いです。


■性能はX201の利用用途を考えると、○

十分過ぎるくらいだと思います。
構成によっては、上記のものよりも高性能にできるので(Core i7を搭載するなど)
自分の環境や予算次第でスペックアップさせる事が可能です。


■携帯性は、一応ギリギリ ○ だけど本音をいうともっと軽くして欲しい

海外では15型、17型でも持ち歩くとの事ですが、
私は日本人で、常に運動不足で筋力がなく、さらに肩凝り持ちなのでできるだけ軽いほうが良いです。

堅牢性や信頼の面を考えると、中々軽くする事は難しいようですが、
先、もっと軽いThinkpadが出ることを期待しています。


ちなみに軽いというと、このX201の軽量バージョン「X201s」があります。

このX201が標準構成で1.4キロ、X201sでは1.2キロ~との事ですので、
少しでも軽いほうが良い、という方は、X201sという選択肢があります。

実際、X201sはレノボでも売上の上位に入る製品だそうです。


というわけで、次回はX201sのレビュー総まとめを記事にする予定です。


レノボWeb限定 クーポン (購入時はクーポンのチェックを)
Thinkpad X201シリーズの詳細な情報


【Thinkpad X201シリーズ 関連記事】
Core iプロセッサ搭載のThinkPad X201
Thinkpad X201s s付きのX201sとは?
X201とX201sはともかく、その後登場したX201iとは?
Thinkpad X201 総まとめのページ



pagetop

Copyright © 2009 - DESIGN.PC. All Rights Reserved.