Thinkpad X201s s付きのX201sとは?

4月.04, 2010

3月に発売が開始されたThinkpad Xシリーズの新製品、X201。

先日の記事「Core iプロセッサ搭載のThinkPad X201」で、X201の主な構成や特徴について書きましたが、前回のX200にX200sという「s」付きのラインナップがあったように、今回のX201でもX201sという「s」つきのモデルが存在します。

X201

X201sは前モデルX200sと同じく、同シリーズ中で最も最軽量を謳ったマシン。
最小構成の状態で約1.17kgという重量を実現しています。

ここではそういったX201sの主な特徴と、
X201sとX201との違いなどについて触れてみたいと思います。



X201sの主な構成は以下の通りです。
ちなみに、カスタマイズの内容によって構成は異なるので、必ずしも書いてある通りの構成であるとは限りませんので、参考程度にお願い致します。



OSはWindows 7、オプションでWindows XPを選択する事も可能です。

プロセッサはCore i7-620LM(2GHz TB利用時最大2.80GHz)、Core i7-640LM(2.13GHz)。

チップセットはQM57、グラフィックスはCPU内蔵のインテル HD グラフィックス
ディスプレイはLEDバックライト搭載の12.1型WXGA+(1,440×900)を搭載しています。

そしてメモリは2GB、3GB、4GBを選べます。最大では8GBまで可能。
ストレージに関しては、5400rpmの250GB/320GB HDD、7200rpmの250GB/320GB/500GB HDD128GBのSSDを選択可能。

WiMAXなどの各種無線LAN機能Bluetooth、主要なインターフェース郡を搭載。

トラックポイントのみ、もしくはウルトラナビかを選択でき、指紋センサーの有無も選択可能。

バッテリは標準で6セル、オプションで4セル・スリムラインバッテリの選択も可能です。



外観に関してはX201もX201sも全く変わりません。
選択可能な構成もそう大きく変わるというものではないと思います。

で、そのX201とX201sの具体的な内容の違いですが、大まかに書くと・・

・X201sはプロセッサをCore i7より選択、X201ではCore i5、Core i7より選択
・X201sはWXGA+(1,440×900)液晶、X201ではWXGA(1,280×800)液晶
・X201ではウェブカメラを搭載可能
・X201sは最小で約1.17kg、X201では約1.41kg。

といった違いがあります。
※Core i3を選択可能なX201iというモデルがあるのですが、こちらはまた後ほど述べます。

ちなみにCore i7はどちらのモデルでも選択する事ができるのですが、X201sでは通常のCore i7の他に、低電圧版のCore i7を選択する事もできるようになっています。

それほど構成に大きな違いはないのでは?と思われる方もいるかと思いますが、
購入するとしたらどちらを選ぶ?ときかれたら、私はX201sを選ぶと思います。

やはり高解像度のディスプレイは魅力です。
ウェブカメラなども必要ないので、特に搭載できなくても支障はありません。

まあその辺は好みもあると思いますが・・

なお、X201やX201sのさらに詳細な情報については、公式サイトをご参照下さい。
オプション追加時の正確な価格なども確認する事ができます。
※購入時はクーポンのチェックを忘れないようにしてください。

レノボWeb広告限定 クーポン
Thinkpad X201シリーズの詳細な情報


【Thinkpad X201シリーズ 関連記事】
Core iプロセッサ搭載のThinkPad X201
Thinkpad X201s s付きのX201sとは?
X201とX201sはともかく、その後登場したX201iとは?
Thinkpad X201 総まとめのページ



pagetop

Copyright © 2009 - DESIGN.PC. All Rights Reserved.