ENVY6-1000 実機レビュー 結構安価な15.6インチのUltrabook

7月.18, 2012

HPの15.6インチUltrabook、ENVY6-1000を簡易的にレビューしたいと思います。

ENVY6-1000は、HPでは「ホームモバイル・ノート」というカテゴリに位置付けられるベーシックな製品。
リビングや寝室などで気軽に楽しめるノートPCとして、薄く軽いことはもちろん、抑え目の価格設定で販売されているUltrabookです。

今回は、そのENVY6-1000の外観と性能面について簡単にふれてみました。

ENVY6-1000の最安値をチェックする





ENVY6-1000 外観をチェック

ENVY6-1000。

ディスプレイには15.6インチワイドHD(1366×768ドット)の光沢液晶を搭載。
見た目は14インチのUltrabook、ENVY4-1000と結構似ています。

UltrabookというとモバイルPCとして親しまれていますが、15.6インチのノートというと余り気軽に携帯できるサイズのPCではありません。

ENVY6-1000は近所や家の中など、身近な場所で持ち運びして利用する為のUltrabookだといえます。




キーボードはアイソレーションタイプ。
浮き石型のキーボードとも呼ばれます。最近のHPのノート製品はほぼこれです。

キーの操作感は普通。
ですが15.6インチサイズのノートPCのキーボードなので、横幅に結構余裕があって打ちやすいです。

ただ、キーボードの右側にPgDnやEndなどのキーが並ぶ配列は、EnterやBackSpaceを押す際に打鍵ミスしやすいので余り良くないと思います。




タッチパッドはおなじみのボタン一体型。
パッドの表面に、何かホログラムのようなきれいな処理が施されており、光の当たる加減によって色が変わります。

ですが、使い勝手はあまりよくないです。
屋内での利用が主であるのなら、マウスを利用した方が楽に操作できると思います。




キーボードとディスプレイの間には、BeatsAudioに対応したステレオスピーカーが設置されています。

ノートPCのスピーカーなので音質はしれていますが、BeatsAudioに対応しているのとしていないのとでは、当然対応している方が音は良いです。(BeatsAudioのオンオフが設定できるのですが、オンにしたときとオフにしたときとでは明らかに音が違います)




ENVY6-1000のトップパネル。
ENVY6-1000にはブラック&シルバー、またレッド&ブラックのカラーバリエーションが提供されています。

掲載のモデルはブラック&シルバーのカラーが採用されています。







背面

左側面:LAN(RJ45)ポート、HDMI出力ポート、USB3.0×2ポート、2in1メディアスロット

右側面:セキュリティスロット、マイク入力、ヘッドフォン・ラインアウト出力、USB2.0ポート、ACコネクター

前面:なにもなし

背面:なにもなし(HPの社名ロゴ入り)

ENVY6-1000はUltrabookですが、さすが15.6インチとサイズが大きめなだけあって、インターフェースの内容は普通に充実しています。LANポートの搭載や、USB3.0もポート搭載されていますし、特に不足しているものはないと思われます。



ENVY6-1000 構成とパフォーマンスは・・

今回掲載しているモデルはプロセッサに Core i5-3317U(最大2.60GHz)、8GBメモリ、32GB SSD(mSATA)&500GB HDD(5400rpm)を搭載し、グラフィックスには内蔵のHDグラフィックス4000を利用します。

このモデルの他にオフィスを搭載した構成が用意されてはいますが、量販店専用のモデルなのでカスタマイズ等は用意されていません。

ですが結構ハイスペックな内容ですので、このままでも十分にパフォーマンスは良いです。
価格は発売当時で9万円前後、いまだともう少し安価に購入できると思われます。



■プロセッサ 6.9
■メモリ 7.4
■グラフィックス 6.5
■ゲーム用グラフィックス 6.5
■プライマリ ハードディスク 5.9

エクスペリエンス・インデックスのスコアはこの通り。
全体的に結構数値が高めです。

プライマリ ハードディスクのスコアはHDDのものですが、先ほどの構成にもあげたように、HDDの他に32GBの mSATA SSDが搭載されているため、体感速度はスコア以上のものがあります。

今回のモデルに搭載されているmSATA SSDは、データのキャッシュ用として利用するもので、マシンを使っているうちに頻繁に使うファイルを学習し、そのファイルをキャッシュするようになります。

頻繁に使うファイルほどキャッシュする傾向にあるため、通常のSSDのように常に高速だというわけではないのですが、HDD単体でマシンを運用するよりも快適な速度を実現することができます。



いろいろ書きましたが、一般的な作業に使うノートPCとしては、十分快適なパフォーマンスを発揮できるマシンです。

筐体も15.6インチサイズと小さくは無いものの、このサイズのノートにしては約2.09kgと軽め。近場であれば、まあ普通に携帯できるサイズだと思います。

ただひとつ、欠点というわけではないのですが、このモデルはサイズが大きいのにもかかわらず、光学ドライブを搭載していません。ノートPCでDVDやブルーレイ等を観たりされる方もおられると思うのですが、このモデルでは外付けのドライブ等を利用する必要が出てきます。

今は、光学ドライブなんて必要ないという方も結構多いですが(私がそうです)、ノートPCでDVDなどを観たいと考えられている方は注意が必要です。


そういった部分を省けば、総合的に使いやすい製品だと思います。

なお、量販店モデルという性質上、同じ構成でも店舗によって価格が違いますので、
購入をお考えの方はその点だけご注意ください。


ENVY6-1000の最安値を検索→ ENVY6-1000の最安値





pagetop

Copyright © 2009 - DESIGN.PC. All Rights Reserved.